FAQ

質問一覧


質問と回答

カラーリングは爪によくないの?

何も塗られていない自爪の状態よりは、ベースコートなど表面がコーティングされているほうが爪の保護になっていいんですよ。

自爪のケアってどんなことをするの?

爪の健康のためにも、爪の根元のキューティクルケアをしましょう。ささくれや、硬くなった角質もやわらかくほぐしてからニッパーで取ります。ケアの後は爪がひとまわり大きく見えるお客様も多数!さらに、マッサージをプラスすれば血行も良くなって指がすっきりします!!

足の爪が巻いて痛いんです・・・

サロンによっては、痛みを軽減できる技術がある場合もあるので、予約のときに聞いてみてください。当サロンではご予約を頂いた方のみの施術となります。予約時のお電話でご相談ください。

付け爪の種類が多くて選べません・・・

スカルプチュア
ソフトジェル
ハードジェル
チップ
などがあります。これらの付け爪は、自爪の成長に合わせて約2週間に1度お直し(リペア)が必要になります。また、取るときはそれぞれネイルサロンで取ってもらうようにして下さい。

スカルプチュアって何ですか?

アクリリックとも呼ばれ、自爪を短く整えて長さを出すことができます。市販のチップなどと違い、付け心地や見た目がとても自然で美しい仕上がりになります。およそ2週間に1度、根元のお直しが必要になります。

ソフトジェルって何ですか?

仕上がりのイメージは「とってもはがれにくいカラーリング」という感じ。イリスネイルで1番人気のメニューです♪ ジェルネイルは水あめ状の液体を爪に塗り、UVライトで紫外線に当てて形を作ります。専用の液体で簡単に取れて爪に優しい付け爪です。ただし、柔らかいので長さを作ることは難しいでしょう。

ハードジェルとは?

仕上がりはスカルプチュアとよく似ています。ジェルネイルは水あめ状の液体を爪に塗り、UVライトで紫外線に当てて形を作ります。長さを作ることもできますが、取るときに自爪に負担がかかりやすく、 時間がかかるため、当サロンではお取り扱いしておりません。

チップはどのように付けるの?

デザインされたチップの裏に接着剤をつけて爪に貼ります。コンビニなどでも手軽に買えるようになりました。当サロンではブライダルのみのお取り扱いとなります。ご相談ください。

付け爪をすると爪が薄くなっちゃいますか?

付け爪の種類にもよりますが、付け爪は基本的に自爪がつるつるだと定着が悪く、取れやすくなってしまいます。表面のつやを軽く取るときに深く傷つけすぎたり、お直しをしないでひんぱんに付け替えを繰り返していると、爪が少しずつ薄くなってしまいます。

お直し(リペア)・・・って?

どの種類の付け爪も、自爪の成長とともに爪の根元と付け爪が離れてしまいます。その伸びた分の根元を直してきれいにすることをお直し(リペア)といいます。付け爪の種類や、人によってお直しの期間は変わってきますが付けてから2~3週間したらお直しの時期だといえますね。

爪が薄くなっちゃったんです・・・

どの位薄くなっているかにもよるので、ぜひネイルサロンで相談してみて下さい。きっと、プロのいいアドバイスがもらえますよ!当サロンでは、お客様のライフスタイルや、薄くなった原因などをお聞きし、これからどうしていけばいいのかをアドバイスさせていただきます。お気軽にご相談ください!

キューティクルオイルって使ったほうがいいの?

持っているけどあまり使っていない人、多いんじゃないでしょうか?
もったいないですよ!!キューティクルオイルは爪や、爪の周りの皮膚にビタミンなどの栄養を与えてくれます。爪の周りの皮膚をプッシュしながらなじませるとさらに効果的です。

*キューティクルオイルを使う前に石鹸で手を洗うことを忘れないでくださいね。汚れとオイルが混ざってしまいます。

ハンドクリームとキューティクルオイル、どっちを使えばいいの?

ぜひ両方使ってみてください!

順番はキューティクルオイルを先に指先になじませて、余った分は手の甲などに広げ、その後にハンドクリームを手全体になじませます。この方法だとより保湿効果が高まります。
キューティクルオイルやハンドクリームを使う前に、必ず石鹸で手を洗ってくださいね。汚れも一緒に手になじんでしまうと、手荒れの原因になってしまうことも・・・。

爪は1日にどれくらい伸びるの?

爪は主にたんぱく質からできています。冬よりも夏のほうが早く伸び、成人で1日約0.1mm成長します。厚みは0.3~0.8mm位で個人差があります。

爪で健康が分かるってホントですか?

体の健康状態が爪にあらわれる、というのは聞いたことがあると思います。わかりやすいところでは、爪の色を見てみてください。
健康な爪はピンク色です。理由は、爪自体は無色透明で爪の下の血液の状態などが透けて見えるのでピンク色をしています。例えば、貧血症の方は青白いということがあるかもしれませんね。